TOMA

お問い合わせ
文字サイズ
標準
拡大

よくある質問

よくいただくお問い合わせについてお答えします。

  • ご購入に際して

    取付にはどの程度かかりますか?
    トマオーニングはほぼ完成形で発送されますので、長期間の艤装を要しません。
    通常1日のうちに取付が完了します。
    注文から納期までの期間はどの程度がかりますか?
    標準品のご注文であれば、1か月以内には納入させていただきます。
    標準品が適合しない船の場合はどのようなステップが必要になりますか?
    オーダーメイドになりますので採寸、設計の期間が追加で必要となります。
    設計費用と納期につきましてはその都度お見積りさせていただきます。
    トマオーニングはどこで注文できますか?

    当社ホームページ、FAX、お電話にて注文を承ります。
    またお近くのボート販売店様を通しても注文をしていただくことができます。

    株式会社丸菱製作所(当社)
    TEL:0568-31-8414 FAX:0568-31-8489
    E-mail:sekkei@toma-awning.com

    YAMAHASC-30用、トヨタPONAM-28II/GII用トマオーニングのご注文につきましては、
    販売元の株式会社ワイズギア様、トヨタマリン様までお願いします。

    【YAMAHASC-30用】
    株式会社 ワイズギア
    〒432-8058 静岡県浜松市南区新橋町1103番地
    TEL:0570-050814 FAX:053-443-2186

    【トヨタPONAM-28II/28GII用】
    トヨタマリン営業所
    ・東日本営業所:フリーダイヤル:0120-732-039 TEL03-5800-7280
    (受付時間9:00~17:45 除く土・日・祝日)
    ・中部営業所:フリーダイヤル:0120-532-451 TEL0533-58-2451
    (受付時間9:30~17:45 除く水・木)
    ・西日本営業所:フリーダイヤル0120-891-044 TEL06-4868-8766
    (受付時間9:00~17:45 除く土・日・祝日)

    トマオーニングを実際に見てみたいのですが、試乗はできますか?

    愛知県蒲郡市ラグーナマリーナにて試乗艇をご用意しております。
    詳しくは当社までお気軽にお問い合わせください。

    株式会社丸菱製作所(当社)
    TEL:0568-31-8414 FAX:0568-31-8489
    E-mail:sekkei@toma-awning.com

  • ご利用にあたって

    ウィンドシールドの素材はなんですか?
    トマオーニングではウィンドシールドに5mmのポリカーボネートパネルを採用しています。ポリカーボネートは一般的にガラスと比較して強度は200倍、重量は半分以下と言われており、強度を保ちながら船のトップヘビー状態を防ぐことができます。
    ポリカーボネートパネルの特徴について教えてください。
    ポリカーボネートは軽量であり、非常に高い耐衝撃強度を持っていますが、表面硬度や薬品耐性は低く、細かな傷や付きやすいことが特徴です。
    また、太陽光の紫外線を99%以上カットすることができますが、保管方法によっては年月とともに透明度がぼけていきます。そのため、当社ではクリアな視界を保つためにも4年ごとの交換をお勧めしています。
    日頃のメンテナンスは大変ですか?
    基本的には真水の流水で塩やほこりを流していただくだけで問題ありません。
    素材のの特徴上ウィンドウは傷が付きやすくなっていますので、ブラシではなくやわらかい布のご使用してください。油による目立つ汚れがありましたら、市販の中性洗剤を使用してください。また薬品耐性が低いためガラス用コーティング材によっては劣化する可能性がありますのでご使用をお控えください。
    保管の際は直射日光が当たらないよう、ウィンドシールドを格納することをお勧めしています。
    トマオーニングの耐用年数はどれくらいですか?
    トマオーニングはステンレスパイプ(SUS316)の構造物で、劣化しにくく半永久的に形を維持することができます。また天井部のテントは防汚性・耐久性に優れた建築用素材を使用しており、通常の使用方法であれば長期にわたって強度を維持することができます。ウィンドシールドにつきましては、クリアな視界を保つため、4年ごとの交換をお勧めしています。
    トマオーニングの安全対策について教えてください。
    トマオーニングは何らかの要因で過電流が流れた場合、サーキットプロテクターが作動し開閉ユニットを守ります。また、外的要因やトラブルにより開閉ユニット内の温度が急激に上昇した場合、サーマルプロテクターが作動し事故を防ぎます。
    テントは防炎加工され遮熱性に優れており、万が一の火災を防ぎます。
  • トラブルシューティング

    ウィンドシールドの開閉操作がスムーズにいかなくなった。
    • 塩が可動部にかたまっている可能性があります。真水で塩を溶かしてください。
    • 定期的にスライドケースのローラー部にシリコンスプレーを注油することで防ぐことができます。
    操作中に動作が止まった。
    • 何らかの理由で過電流が流れ、サーキットプロテクターが作動した可能性があります。頭上の開閉ユニットにあるゴムキャップを外し、棒のようなもので飛び出したスイッチを戻してください。再び作動する前には、レールに異物が入っていないか確認してください。
    • 開閉ユニットが過熱し、サーマルプロテクターが作動している可能性があります。開閉ユニットの熱が冷めれば再び操作ができるようになります。
    故障によりウィンドシールドの操作ができなくなった。
    • 以下の手順を踏み、ウィンドシールドをテント内に格納してください。
      1. 付属の工具を使用し、開閉ユニットとウィンドシールドを連結している
        ジョイントリンクの上側ボルトを外す。
      2. ウィンドシールドを引き上げる。
      3. 開閉ユニットのボックスに設置してあるブラケットに外したボルトでジョイントリンクを連結させる。
    細かい傷が目立ち白っぽくなってきた。
    • 推奨メンテナンス用品プレクサスを使用し、柔らかい布でふきあげてください。
      表面劣化が改善されウィンドシールドの保護としても効果があります。

サポート

トマ・オーニングマニュアル

トマ・オーニングマニュアル

ダウンロードをされる場合は、
「マニュアルダウンロード」のボタンをクリックして、
「対象をファイルに保存」を選択してください。

マニュアルダウンロード

  • よくあるご質問
  • サポート

株式会社 丸菱製作所

〒486-0807
春日井市大手町字川内1045
TEL:0568-31-8414(代表)
FAX:0568-31-8489

このページのトップへ戻る

Copyright © 2010 MARUBISH. All Rights Reserved.